宇多田ヒカルがカトリック改宗説を一蹴 「それ、とっても誤報です」

印刷

   歌手の宇多田ヒカル(31)が5月26日(2014年)のツイッターで自身の宗教観を語っている。

   その中で「イタリア人夫との結婚によってカトリックに改宗した」という報道について「完全な誤報」であるという。

   宇多田は「カトリック信者になったのか」というあるツイッターユーザーの質問に対し、「カトリックの女子校にも通ったからカトリック教に親しみはある」としながら「私は無宗教です」と答えた。その上で「カトリックに改宗した」という報道に関しては「それ、とっても誤報です」と否定した。

   もっともカトリック改宗報道は日本のマスコミではなく、イタリア地元一般紙ラ・ガゼッタ・デル・メッツォジョルノによるものだ。「日本のポップスターがイタリア人と結婚するためにカトリックになった」という内容の記事が芸能面に掲載された。

   宇多田は「誤報なんていくらでもあるからしゃーないか」と諦め、自身の信仰している宗教に関して「くまのこ教(教祖は我が家のくまちゃん司祭で主な教えはくま崇拝)です、って答えよう」と話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中