東国原英夫「やっぱり河童はいたのだ!…『維新が分党したのに、こんなツイートか』と呆れられるかも」

印刷

   前衆院議員の東国原英夫(56)が「宮崎県都城市(僕の出身地)の『都城島津伝承館』でついに『カッパの手足』が初公開された」と、5月28日(2014年)にツイッターで話している。伝承館では都城島津家に伝わるミイラ化した「手足」を6月22日まで公開している。

   伝承館のサイトによると、カッパは文政年間(1818~30年)に銃殺されたものだという。東国原は「やっぱり、河童はいたのだ。小さい頃からの伝説だった」と大騒ぎ。同じ28日には東国原が以前所属していた「日本維新の会」の分党が報じられたが、「維新が分党したのに、こんなツィートか? と呆れらている皆様に、分党の件は、事実関係や背景等を詳細に掌握してからコメントさせて頂きます」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中