「モテ子とモテ男」観察レポート!甘え上手、相談され上手、とにかくまめ…

印刷

   1か月予想、1週間予想、そして1日予想。このところずっと確認はしているんだけれど、予想はいつも外れていってくれている。天気じゃなくて、私の恋愛予想である。つまりは占いだ。

   天気も冷夏で、恋も冷夏だなんてまっぴらごめん。恋の太陽がさんさんと降り注ぐのを今か今かと待っている。予想だと、わたしは今ごろかなりいい出会いに恵まれ、幸せ前線のまっただなかにいるはずだった。でも、現実はちいっとも予想通りとはいかない。それが占いというもんだったりするんですけどね。

   ということで、予想はあきらめて、周囲のモテ子とモテ男の観察でもしてみることにする。それでは参りましょう。

お嬢様テイストでいてちょっぴりセクシー

モテ子ケースその1―テレビ局勤務 36歳(既婚)

   初対面の時からちゃんと話をするまでずうっと年齢不詳だった。ファッションはフェミニン系。フワっとした白のブラウスやパステルカラーのワンピースが基本スタイルで、雰囲気もお嬢さまテイストである。

   それでいてちょっぴりセクシーな要素を持ち合わせている。ブラウスが透けていたり、スカートにスリットが入っていたり、アクセサリーは揺れるピアス。清楚な感じにちょっと小悪魔女子の要素を忘れない。あっ、いつもフローラル系のやさしい香りがほのかに漂っている。

   さて次は仕草だ。考えるときに下唇をちょっと突き出して顎は引きつつ、上目づかい。会議中、この仕草を彼女がしないことはない。後は人との距離がちょっと近い。男性上司や部下との椅子の距離が微妙に近く、いいアイデアが思いついたときに、手を触れたり、どうしようか悩む時は男性スタッフにしなだれかかる。ここは合コンの席じゃねぇんだよ!とつっこみたくなるけれど、あまりにも私にはできないテクニックばかりなので、いつも苦笑いしながら観察している。

   このモテ子さん、既婚なのにそこまで男性を誘うようなことはしなくてもいいような気がするけれど、癖で直らないんだろうね。彼女の周りには今も絶えず男性スタッフが海鳥のように群がっている。

モテ子ケースその2―事務職OL 31歳(バツイチ)

   性格はかなりサバサバしていて、フランクに声をかけやすく、同性からも人気が高い。ファッションもカジュアルでパンツスタイルばかり。メイクも薄めなんだけれど、髪のケアやネイルはいつもバッチリで気を抜いていない。

   そして、ポイントはぽっちゃり体系。誰もが彼女にお母さんに甘えるようになんでも相談したくなってしまうキャラの持ち主なのだ。親身になって相談に乗ってくれる彼女は、そこから恋愛に発展していくことが多いと以前教えてくれた。1度結婚していたけれど、彼女の浮気がばれて3年で離婚。でも、近々に新しい彼とゴールイン間近だという。うーむ、うらやましい。

とっかえひっかえ何人の女と付き合ってるんだ!この男は…

モテ男ケースーコンサルティング業 37歳(未婚)

   彼の周りにはとにかくいつも女性がいる。本当にとっかえひっかえ何人の女の子と付き合っているのか。いや、同時もあるだろうけれど、会うたびに隣にいる女性が違う。彼のすごいところは、どんな場所でもどんな相手でも男女問わず、とにかく声をかけていく。

   「何をしているの」「どこから来たの」「そのお酒はおいしい」などバーにいる時にしゃべっていなかったことはない。あまりにも厚かましいから嫌悪感を抱く人もいるけれど、そんな場合は次へアプローチする。隣の人にもう話しかけていたりする。

   そんな人づきあいの多さから出会いに発展し、彼女になる女の子が続出するのだろう。おなじような女性が多かろうが、私は彼の特別な存在なんだと勘違いするのか、本当にそうなのか、彼女という存在にはなっている女の子がわんさかいる。

   他にもモテ子、モテ男はいるけれど、今回はここまで。どれも己にはない一面、性格ばかり。勉強になるような人は身の回りを見渡してみると意外に多いものだ。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中