いとうせいこう「歌津のスパイダー」の喪に服す 「『想像ラジオ』は彼の案内なしになかった」

印刷

   クモの専門家として知られ、「歌津のスパイダー」と呼ばれた宮城県南三陸町歌津の男性(51)が5月31日(2014年)、交通事故により死亡した。読売新聞が報じるなどしている。

   俳優で作家のいとうせいこうが男性と親交があったといい、6月1日、ツイッターに追悼文を書き込んだ。

「南三陸で会った蜘蛛に詳しいスパイダーとあだ名されるボランティア、地元に根付くためにバラックで厳しい冬を越した男、他人のためだけに生きた人、つい先日東京でも会った同年輩の人物が交通事故で急逝された。『想像ラジオ』は彼の案内なしになかった。喜んでくれていた。喪に服す」

   男性は東日本大震災震災直後に東京から同町歌津に移り住み、キャンプ場を運営して子ども向けに防災教室などを開いていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中