鳥取砂丘ど真ん中のオアシスに「ど根性ガエル」!毎年どこからやってくるの?

印刷

   鳥取の砂丘といえば、植田正治の写真だ。見渡す限りの砂丘と海と空……。のはずが、なんと砂丘のど真ん中でトノサマガエルが生息していた。通称オアシスという水たまりがあるのだが、夏には干上がってしまう。それでも、なぜか毎年現れる。ちょっとしたミステリーだ。

卵も産んで泳ぎ回るオタマジャクシ

   見かけるようになったのは10年ほど前からだという。オアシスは砂丘の地下にある火山灰層が露出した凹みに雨水などかたまってできると考えられている。普通は秋から春にかけて出現するが、8月ころには水量が減って、年によっては完全に消えてしまう。

   いまの時期は水もたっぷりで、ヨシのような水草も生えるなか、カエルは気持ち良さそうに泳いでいる。卵も産み、オタマジャクシも見かけるのだが、それがカエルになったところを見た人はいない。

   そこでさまざまに推測する。鳥がエサとしてくわえていたカエルを落としていった。地下水路があるのか。砂丘の外から歩いて来るには300メートルもの大冒険になる。専門家は「トノサマガエルはあまり移動しません。生まれたところで育って繁殖するから、大雨ででも流されてきたか」という。

   砂丘では干からびてミイラになったカエルが毎年のように見つかってはいる。鳥取砂丘レンジャーは「ど根性ガエル」と呼んでいる。「根性がなきゃ生きていけないからね」と笑う。

みのもんたいなくなってつまらなくなった元「朝ズバッ!」

   と、この話題はこれでお終い。コメントもなけりゃ感想もない。意見もない討論もない。みのもんたがいなくなって、全般におそろしく無愛想になった。以前だったらどうしただろう。生きのいいリポーターを出して、砂丘の地形や地下を示すCGを作って、気象条件にまで踏み込んで、もっといろんな専門家を登場させて、スタジオでにぎやかにああだこうだやっただろう。それでこそのミステリー。まるで短信なみに無愛想では、ミステリーどころか、想像も広がらない。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中