2018年 9月 26日 (水)

小林麻耶に真っ昼間からイライラ!これじゃあ1・8%視聴率も当たり前か…フジ社長いきり立っても最早打つ手なし
<バイキング>(フジテレビ系)

印刷

   ついに27日(2014年5月)に最低視聴率1・8%記録した「バイキング」について、5月の定例会見でフジテレビの亀山社長は「バイキング」のテコ入れ策を述べ、「浮上のカギは地引網にあり」と言ったとか。「ロケに出掛けた地元の視聴率も上がり、地元局が応援してくれる」という意味のようだが、そんなにうまくいくものなのか。
   そもそも、「地引網が面白い」というのは、地方にテレビが行って盛り上がっているからではなく、サンドウィッチマンが面白いだけなのに、そこをわかってない。さっそく、ほかの曜日も友近や石田純一の娘すみれをロケに出させていたが、まったく面白くなかった。フジの社長、何を言ってんだという感じ。夏休みは積極的に地方ロケに行くとのことだが、果たしてうまくいくかどうか。
   そんなわけで、久しぶり見たのだが、やっぱりひどかった。ますます「ヒルナンデス!」との見分けがつかない。ワイプにナンチャンが映っているかいないか、いなければそれが「バイキング」という見分け方しかない。
   さらに、イライラするのがこの日のレギュラー小林麻耶。番組内で花嫁修業をやっているが、いっこうに上手くならない。この日もコロッケを揚げるのに、油の量がわからず、「わからないわからない」といいながらネットで調べ、それでも見つからずパニックになっていた。見ていて本当にイライラする。きょうも1時間を無駄にした。(放送2014年5月31日11時55分~)

(白蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中