問題児ラッパー「50セント」大リーガー始球式でひどすぎる暴投!「オレは野球選手じゃないんだよ」

印刷

   毒舌、奇行、攻撃的な言動で何かとお騒がせなラッパー「50セント」が5月27日(2014年)にニューヨークで行われたMLB「メッツ対パイレーツ」戦の始球式に登場した。どんな剛速球を披露してくれるのかとスタンドが見守る中、左腕からの球はメッツ捕手のミットを大きく外れ、始球式の様子を撮影しようと立っていたカメラマンらに当たりそうになるほどの暴投だった。

「ワシントンポスト」も歴代ワースト1位に認定

   照れ笑いでごまかしながらすごすごとダッグアウトに引き上げる50セントの様子は「You Tube」に投稿されてファンから嘲笑されたが、6月1日の時点で100万回を超える再生回数を記録したビデオも出ているようだ。「ワシントンポスト」が歴代の酷い始球式を掲載し、2010年のオバマ大統領、2011年の東京ドームでのマライア・キャリーを上回るワースト1位に認定した。

   間もなく5年ぶりのアルバム発売を控える50セントが、話題作りのためにワザとやったのではないかともみられているが、50セントは朝のTV番組「グッドモーニング・アメリカ」に出演し、「手が滑ったんだ」「俺はミュージシャンであって野球選手じゃないからな」と言い訳した。

   ネットユーザーの中には「少なくとも、奴の音楽よりはあの投球はマトモだったね」などイヤミが目立つ。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中