三浦知良「サッカーW杯日本代表」特別スタッフ!ブラジル人脈生かして相手チームの情報収集

印刷

   サッカーの元日本代表FW三浦知良(47)がW杯日本代表の「特別スタッフ」になることが決まったという。いまもブラジルの永住権をもつカズの知恵を生かしたいとサッカー界あげての希望だとか。「スポーツ報知」がけさ5日(2014年6月)伝えた。

   12日の開幕まで1週間と迫ったW杯だが、工事が間に合わないとか、W杯反対運動、治安の悪さだのと、下手をすると選手に影響しかねない話がいっぱいだ。そこから出たアイデアらしい。

いまでも永住権

   三浦は高校を中退してブラジルに渡り、サッカースクールからプロ生活を経ているだけに、ブラジルを知り抜いている。永住権の更新に2年に1度は行っているから、最新の事情にも通じている。そのノウハウを生かそうというわけだ。日本サッカー協会の要請を、本人も所属クラブ(横浜C)も快諾した。現役選手のスタッフ入りというのは日本代表では初めてという。

存在は大きい

   井上貴博アナ「三浦選手の存在は大きいんではないでしょうか」

   キャスターの齋藤孝「精神的にね。香川選手なんかとも親しいですから」

   井上「香川、内田選手らと食事会をしたりもしているそうです。兄貴分でもあり、精神的な支柱にもなるでしょうね」

   でも、これで終わり。まったく、「あさチャン!」の素っ気なさは番組を投げているとしか思えない。ニュース感覚も切れが悪い。ゲストも来ない。金も使わない。

   カズの起用は、そんなきれいごとでもご苦労さんの「修学旅行」でもあるまい。カズの現地の人脈を総動員して、代表選手の安全や環境を整えること、さらには相手チームの情報収集ではないのか。表立っていうわけにもいかないだろうが、相当な仕事になるのは間違いない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中