「サッカーW杯」狙われるサポーター!日本初戦会場のレシフェ 3日間で殺人30件

印刷

   サッカーワールドカップまであと1週間となったが、ブラジルの治安は大丈夫なのか。デモやストは止まず、殺人や強盗も相変わらず頻発しているという。警察官や地下鉄職員が賃金アップを求めてストに入り、そのすきに略奪が横行し渋滞は激化する。市民の怒りも加わって大混乱だ。日本と比べて殺人事件は数十倍、強盗は100倍というからすごい。外務省が注意を呼びかけている。

   サンパウロにいる中丸徹レポーター「われわれ取材班もきのう強盗逮捕の現場に出くわしました。街には日に日に警察官の数が増えています」

警官ストで強盗やりたい放題!大半が拳銃使用

   入場チケットの受け渡しが4日から始まり、サンパウロのスタジアムが報道陣に公開された。開幕ムードは確実に高まっているが、そのすぐそばで行われたデモには警察官500人が参加している。その一人は「日本の皆さん、治安は必ず守ります」というが、果たしてどうなることやら。

犯罪も過熱

   中丸「日本が試合を予定する3都市の中では、第1戦のレシフェが一番危ないとされています。警官スト中の先月3日間だけで30件の殺人事件がありました」

   レシフェがある州の殺人事件発生件数は日本の43倍、強盗200倍。第3戦のクイアバ都市圏は殺人51倍、強盗404倍。サンパウロの日本領事館によると、凶悪事件の90%で拳銃が使われたという。サンパウロ市内の強盗事件は届け出があっただけで日本の480倍もある。ブラジルのマナウス滞在2年の男性は「犯罪は実際に増えています。携帯電話や財布強盗を狙う主に強盗ですね」と話す。

   日本から観戦予定の男性サポーターは「防犯対策をして行きます。ちゃんとした財布は持っていかない」。その父は「死なないで帰ってこいよ」と混ぜ返すが、冗談ではないぐらい行く人も送り出す家族も不安は消えない。

歩きスマホ格好の標的!1台15万円で転売

   とくに格好の標的になるのが歩きスマホ。最新機種なら現地で15万円し、奪って転売すると8万円もうかる。スリにも最も狙われやすいそうだ。中丸は「外では電話しないようにしてください。また、交差点で車が止まったときに襲われたりもします」と注意を喚起する。

   飯田泰之(明治大准教授)「治安はますます悪くなっています。普通に海外に行く以上に気をつけることが必要です」

   吉永みち子(作家)「今でも盛りあがっていますが、さらに興奮状態になります。ワールドカップが始まると過熱することも考えておかないといけませんよね」

   熱いのは試合ばかりではないということだ。日本人の想像と常識を超えたワールドカップになるかもしれない。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中