海外サイトから覚えのない引き落とし!?慌てて電話したら英語…助けて!

印刷

   ズボラでだらしないので、このところしょっちゅう支払い請求書がわが家にやってくる。郵便物をろくすっぽ確認せず、ポストに突っ込まれる大量のチラシとともにひっぱり出したらそこでおしまい。

   たまった郵便物の中に数か月前のクレジットカード明細書が入っていた。見ると、PASMOオートチャージばかり。ほとんど毎週のように3000円分のオートチャージが引き落とされている。なかに、www@@@@@netという見知らぬ項目を発見した。引き落とされているのは4234円。良く見ると、金額の横に40・60USDとある。

   いったいこりゃなんだ? 海外のネットショッピングはしたことがない。その正体について思いを巡らしているうちに、あっと気が付いた。オンラインゲームと映画サイトの月会費だ。オンラインゲームはやらないし、オンラインで映画も見ない。ではなぜ? 思い返すと、以前、いぶかしがりながらおそるおそるカード番号を入力したことがあった。それは、データファイル便で送られて来た映像をダウンロードする時に、ダウンロードボタンに見せかけた広告の方をクリックしてしまったことだった。

そういえば…ディレクターが海外データサイトで映像ファイル送信

   番組のナレーションを書くには、通常はバイク便でディレクターからDVDが届く。ところが、時間がない場合はデータ便で済ますことが多い。最近は料金もかからないので、無料のデータ便でファイルをダウンロードすることが増えた。宅ファイル便かGIGAファイル便、ファイアーストレージ、この3種類のデータ便でたいていは送られてくる。

   だが、まったくもって使えないディレクターが、海外データサイトで映像ファイルを送って来た。ダウンロードのボタンがわかりにくく、小さなDL(ダウンロード)表示を見つけたのでクリック。すると、なぜかゲームサイトへ飛び、クレジットカード番号を要求してくる。映像ファイルをダウンロードするのに課金しなきゃ見られないなんてヒドいなと思いながらも入力したのが、今回請求されたゲームサイトだった。

   そんなわけで、とにもかくにも退会しないといけない。請求してきたサイトを見ると、オンライン退会は9ドルかかると日本語で書いてある。でも、直接電話すると退会金無料。使ってもないサイトの退会にまたお金を払うなんてもったいない! 幸い03から始まる電話番号だったので一安心して電話してみると、ヤラれた。

   番号案内サービスからして英語。よくわからないけれど直接オペレーターに繋ぐのはたいてい案内された最後の番号だから、聞き取れた「4」をたよりに押して見るとオペレーターへと繋がった。がしかし、最初の一言が「Hello」。やっぱり英語じゃねぇかよ。

クレジットカード下4桁とメルアド言っちゃったけど大丈夫かな

   ガッカリと同時に体中に緊張感が走る。アホ承知で「エニバディー キャン スピーク ジャパニーズ?」と聞いてみると、即座に「ノー」。いずれにしても、とにかく退会を伝えたい。「アー、アー、アイ ワナ キャンセル…」。焦ると何も単語が出てこない。しかも、向こうが結構な勢いで聞いてくる。きっと「どうしましたか?」ぐらいな聞き方なんだろうけれど、言葉がわからないから高圧的に聞こえてくる。

   しどろもどろに「サムシング ロング。コンファーム、コンファーム」を連呼する私。「Ha?」と何度も人を小馬鹿にしたような受け方をされる。そのうち、どうやらクレジットカードの下4桁と私のメールアドレスを聞いているようだと理解できてきた。英語で緊張しているうえに、さらにクレジットカード番号とメアドまで聞きだされて本当に大丈夫かと思いながらも、もう頭は真っ白である。でもなんとなく「OK。ユーアーキャンセルド」と言ったような気がする。

   とその時、メールが届いた。見ると「キャンセルしました。40ドルお返しします」と言った内容だ。恐ろしいことに、全てが「○○と言ったような気がする」というレベルなのだが、多分これで終わったと安心し、「オーケー、サンキュー」と電話を切ってしまった。

   果たして全てこれで終わったのか。突然英語での電話にドキドキしただけで、何も変わっていなかったりして。もしかしたら、カード情報を言っているからどんどん個人情報が流れていってしまうのではないか。考えだしたら不安でしょうがない。これからはこまめに郵便物をチェックし、メールもチェックしないと。何かあったら、皆さま助けてください。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中