2020年 11月 30日 (月)

長崎の被爆語り部に「死に損ないのくそじじい」「笑え」!修学旅行の中学男子5人

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   原爆の語り部に修学旅行中の中学生が「死に損ない」などと暴言を浴びせていたことがわかった。ノータリンはどこにでもいるが、ここまで心の劣化が進んだかと暗澹たる思いになる。

   ことが起こったのは先月27日(2014年5月)。語り部として活動している森口貢さん(77)ら「長崎証言の会」の9人が、修学旅行で訪れた横浜市の公立中学校の3年生に被ばく遺構を案内していた。森口さんは10人ほどを爆心地近くの小学校へ案内して、話を始めようとしたところ、別行動をしていた男子生徒5人が「死に損ないのくそじじい」と大声をあげ、他の生徒にも「笑え」「手をたたけ」などとはやし立てた。

   ツアーが始まる前、森口さんが態度の悪い男子生徒1人をきびしく叱ったことを根に持ってのことだったらしい。森口さんが「話を聞いて」といっても妨害の拍手を止めず、その間に何度も「死に損ない」と叫んだという。

横浜の公立中学校―校長「指導不十分でもうしわけない」

   森口さんは翌日、手紙で「私は死に損ないではありません。一生懸命生きてきたのです」と無念を伝えた。さらに、学校に電話したところ、校長は「指導不十分でもうしわけない」と謝罪したという。森口さんは「侮辱というか、そういう言葉で表現できないくらい悲しい」という。

情けない

   井上貴博アナは「若い世代に戦争の悲惨さを伝えようという語り部への暴言です」と、産経新聞が伝える森口さんのコメントを読んだ。「こんな経験は初めてで悲しい。戦後69年が経ち、戦争の悲惨さがわからない社会の雰囲気の中で、子どもたちが育っているのではないか」

   井上「われわれ自身も戦争を知りませんけど…」

   キャスターの齋藤孝「情けないですよね。修学旅行に行く前に指導すべきでしょう、どれだけ悲惨なことであったかをね」

   とはいえ、スタジオはおろか、TBS中を、いや現役世代をいくら探しても戦争を知ってる者はいない。学んだ者だけが知る。学ばない者は知らない。被爆者への差別だってあった。根底にあるのは無関心。いまの原発事故の風評と同根なのだが、説明してもわかるかどうか…。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中