西之島新島ぐんぐん『成長』東京ドーム18個分!海上50メートル接近の迫力映像

印刷

   西之島のすぐ近くで昨年11月(2013年)に噴火しできた新島はその後も『成長』を続け、西之島を浸食していまや東京ドーム18個分の大きさになった。これまで空からの映像はあったが、フジテレビが初めて島から50メートル近くの海上まで接近して撮影した。なかなかの迫力映像である。

火柱と火の玉が暗闇にくっきり

   西之島は東京都心から1000キロ、小笠原諸島父島からも130キロ離れている。絶えず白煙と火山弾と呼ばれる黒い塊を吹き上げていて、昼間は白煙と黒い塊にしか見えないが、夜は火柱と火の玉が暗闇の中にくっきり浮かびあがり迫力満点だ。

ハワイぐらいに…

   キャスターの菊川怜「ハワイぐらいにならないかなあ」

   司会の小倉智昭「もっともと大きくなるといいねえ」

   半年ほどで西之島を覆い、最長1000メートルを超えており、いずれは人が住める島になる日が来るかも…。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中