USJ新アトラクション「ハリーポッター」公開!ホグワーツ城の動いてしゃべる肖像画も再現

印刷

   ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに来月15日(2014年7月)、映画「ハリーポッター」の世界を再現した「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター」がオープンする。広さは東京ドーム3つ分で、投資総額450億円というその内部の一部がきのう8日(2014年6月)に初公開され、エンタメ系朝ワイド「スッキリ!!」はさっそく出かけて行った。

バタービール、蛙チョコレート、百味ビーンズもあるよ

   俳優の加藤清史郎ら60人の子供が招待され、「ハリーポッター」の劇中に登場する魔法界の飲み物「バタービール」(ノンアルコール)を堪能したり、ホグワーツ城内のしゃべったり動いたりする肖像画に驚いたりはしゃいだり…。魔法界と人間界をつなぐ「ホグワーツ特急」の車内では蛙チョコレートや百味ビーンズなども販売される。このほかにも、魔法学校の生徒が立ち寄るお店など、映画を再現した施設が数多くある。

映画とそっくり

   加藤清史郎クンも興奮気味で、「オーラが出てた。人間界と違ったハリーポッターの、「人間界とは違った魔法界の学校の雰囲気が出てて、すごいという印象だった」と話す。

   キャスターのテリー伊藤「(ホグワーツ城の見ためが)映画と変わらないですね」「映画の1作目の『賢者の石』のとき、ドキドキしたじゃないですか。それが出てますね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中