BPO テレビ各局に要請「顔なしインタビュー」安易すぎる!番組は「顔出し」を原則に…

印刷

   放送倫理・番組向上機構(BPO)は9日(2014年6月)、テレビ番組で取材相手の顔をボカシやモザイク処理したり、音声を変える「顔なしインタビュー」が日常化していることは問題だとする放送人権委員会委員長談話を発表した。

   BPOは「顔なし」の乱用はテレビ絵の信頼を低下させていう。「とりわけ、地域の出来事について、周辺住民をする際に、とくに匿名にしなければならない具体的な理由が見当たらないにもかかわらず、安易に、顔なしインタビューが行われていないだろうか」「事実の正確性、客観性、真実に迫る努力などを順守するため顔出しインタビューを原則とすべきである」と指摘している。そのうえで、制作現場は取材相手に顔を出すようもっと積極的に働きかけるべきである」という。

   近ごろは、取材相手の人権侵害や不利益から守るための「顔なし」ではなく、ワイドショーやバラエティー番組などでも「顔なし」は広がっている。「顔なし」はヤラセの温床にもなっている。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中