2018年 9月 22日 (土)

サッカーW杯「日本人主審」の笛で開幕!男子最優秀主審の西村雄一さん…微笑みの審判

印刷

   サッカーのブラジルW杯がいよいよあす13日(2014年6月)に開幕する。その開幕戦「ブラジルvsクロアチア」の審判を3人の日本人が担当することになった。主審は西村雄一(42)、副審が相楽亨(37)と名木利幸(42)だ。

   開幕戦の主審を日本人が担当するのは初めてで、主審と2人の副審ともに日本人が務めるのも初めて。開幕戦の審判は「どの場面で反則の笛を吹くか」「どんなプレーでイエローカードを出すか」など、大会を通してすべての判定基準になるために責任は重い。

信条は「選手が気持ち良くプレーできるよう尽くす」

   西村主審は前回の南アフリカ大会で4試合で主審を務め、アジアサッカー連盟から「男子最優秀主審」に選ばれている。「選手が気持ち良くプレーできるよう尽くす」が信条で「微笑みの審判」と呼ばれている。相楽副審は前回に続いて2度目、名木副審はW杯は初めてとなる。

いつも毅然

   司会の小倉智昭「西村さんは格好いいですからね。(前回のW杯で)ブラジルの選手にレッドカードを出したときには、毅然とパッと出した。すごかったものねえ」

   開幕戦は13日午前3時からフジテレビ系で生中継されるが、楽しみが一つ増えた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中