宇多田ヒカル「W杯ブラジル対クロアチア」日本人主審のPK判定に気をもむ

印刷

   歌手の宇多田ヒカル(31)が6月13日(2014年)にツイッターでW杯開幕戦の「疑惑の判定」を心配している。

   ブラジル対クロアチアで西村雄一主審はペナルティーエリア内でクロアチアDFロブレンがブラジルFWフレッジを倒したとしてペナルティーキックを与えた。

   このジャッジについて、クロアチアのコバッチ監督は「あれがペナルティーならわれわれはサッカーなんてしない方がいい。バスケットボールをすべきだ」と批判、DFロブレンも「がっかり」と語った。

   宇多田は「I hope Croatian people don't hate Japanese people after their unfortunate match against Brazil today…(不運な試合の後でもクロアチアの人々が日本人を嫌いにならないことを願う)」と英語でメッセージを流した。クロアチアは宇多田の夫のイタリアと隣同士なのだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中