2020年 7月 2日 (木)

原発事故をビジネスにする東電・數土文夫会長!廃炉工事の発注も受注も関係会社

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   W杯がキックオフしたが、少し変わった『週刊ポスト』の記事「W杯SEX得点王は誰だ」を紹介しよう。週刊ポストによれば、レアル・マドリードの絶対エース、クリスチアーノ・ロナウド(29)は女性のほうでも絶対王者だというのだが、おもしろいのはコンドームメーカー・デュレックス社が発表している「セックス頻度国別ランキング」だ。日本が予選で当たるギリシャが2006年は1位に輝いたそうだが、財政難の影響か11年には11位に後退してしまう。その11年ランキングで堂々1位になったのが、やはり日本が予選で当たるコロンビアだというのだ。グループリーグの相手は「強豪」ならぬ「性豪」揃いのようだ。

血税が注がれている会社だということをお忘れか!

   『フライデー』が東京電力・數土(すど)文夫会長のことをしつこく追っている。毎週のようにゴルフ三昧というのは以前書いたが、今週はこの御仁の「肩書き」を問題にしている。何しろ、東電会長だけではなく、JFEホールディングスの相談役、大成建設、LIXILグループ、武田薬品工業の社外取締役と「5足のワラジ」を履いているそうだ。

   これだけでも珍しいのに、フライデーにいわせれば、東電の工事の受注先を見ると、彼が関わっている大成建設の名前が多くあるという。廃炉作業のシミュレーションを行う「モックアップ・センター」構想に参加し、ストロンチウムに汚染された地下水の汚染を行う「透過性浄化壁」も大成建設が提案したものだというのである。

   ジャーナリストの斎藤貴男氏は「工事の受注側と発注側を兼ねているのですから、利益相反です」と批判している。血税を湯水のように注ぎ込んで何とか生きながらえている東電だということを、会長たるもの片時も忘れてはいけないはずである。大事故を起こしておきながら、それまでビジネスチャンスに変えようというのでは、天が許すはずはない。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中