2019年 7月 17日 (水)

キマグレン・KUREI「浜辺はゴミ箱ではない」マナー悪い海水浴客に苦言

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   音楽ユニット「キマグレン」のKUREI(33)が6月16日(2014年)、海水浴客の出すゴミの問題についてツイートした。

   キマグレンは2005年、2人の地元である神奈川県・逗子海岸に海の家形式のライブハウス「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」を設置した。夏の海水浴シーズンになると連日のように有名ミュージシャンが集まり、イベントが行われていた。

   逗子海岸の「夏の風物詩」「人気スポット」として知られていた「音霊」だったが、ライブハウスから出される騒音や海水浴客のマナーをめぐって近隣住民とのトラブルが絶えず、逗子市も対策に本腰を入れ始め、ついに昨年、終了を余儀なくされた。今年は鎌倉由比ヶ浜に場所を移して行われることがすでに公式サイト上で発表されている。

   KUREIはこれまでもツイッターで海水浴客のマナーやモラルに苦言を呈しており、海辺のゴミ問題や海水浴場での飲酒問題と向き合わなければならないと訴えてきた。

   16日のツイートではゴミが散乱した砂浜の写真とともに「浜辺はゴミ箱ではない」「たまにはハメだって外してもいいと思う。ただモラルとマナーの範囲内でお願いします」とメッセージを記し、呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中