ファンの無断撮影にきゃりーぱみゅぱみゅ「断っても撮られてるの悲しい」

印刷

   歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(21)が6月15日(2014年)、許可なく写真を撮ったファンにツイッター上で苦情を言った。

   一般ツイッターユーザーが街中を歩くきゃりーを無断で撮影した画像をアップしたところ、これを見つけたきゃりーが「友達と買い物してる時も盗撮される時代」と書き込んだ上で、問題のツイートをリツイート(引用)。さらに、写真をアップしたユーザーが「きゃりーさんですよね?頑張ってください!っていったらめっちゃ塩対応だった。めっちゃ早足だし近づくなオーラやばい性格悪いな」などと書いたツイートもリツイートし、「こういう人には塩対応だよ。写真も断ったのにさ」と不満げにコメントした。

   その後、「話しかけてもらえるのは凄く嬉しいし、時間がある時はサインも握手も大丈夫です。でも写真は全員にお断りしてるので、、、それで撮られてるの悲しい。カメラ向けらろてるのわかった、、、くぅ、、」(原文ママ)と自身の対応について説明した。

   なお、一般ユーザーには批判的なコメントが相次いだためか、アカウントは間もなくして削除された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中