STAP細胞・若山教授「早稲田、ハーバードの小保方さんに『ノート見せて』と言えなかった」

印刷

   STAP細胞の共同研究者で論文共著者の若山照彦・山梨大教授はきのう16日(2014年6月)、記者会見を開き「STAP細胞を証拠づける根拠がない」と言い切った。若山は教授は理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーに渡した実験用マウスで作製された「STAP細胞」を受け取り、STAP幹細胞の作製に成功したとしていた。しかし、「STAP幹細胞」を第三者機関に解析してもらったところ、小保方氏に渡したマウスとは別のマウスの遺伝子が確認されたという。

万能細胞の正体はES細胞

   若山教授はSTAP細胞の存在を支持する証拠はなく、STAP細胞の正体がES細胞だったと疑っているという。小保方氏の実験ノートを1度でも見ていればもっと早く疑問を抱いたかもしれなかったが、早稲田大学を出てハーバード大ではバカンティ教授の右腕の優秀な研究者という触れ込みだったため、大学生に対してするように、実験ノートを見せなさいと要求することはできなかったという。

権威に弱い大学

   ロバート・キャンベル(東京大教授)「若山さんは(小保方氏が)早稲田、ハーバードから来たからノートを見せろと言えなかったと言っていますが、そこには日本、とりわけ大学で、権威に従う、信じるという文化的な脆弱性が見え隠れしているように思います」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中