「日本人サポーターすばらしい」負け試合の後スタンドでゴミ集め!各国メディアが賞賛

印刷

   サッカーW杯のコートジボアール戦で日本代表が敗れたあと、日本人サポーターがスタンドのゴミを拾い集めたことが話題になっている。これを報じた各国メディアは「すばらしい」と伝え、インターネットなどで瞬く間に世界中に広がった。海外では負けた側の観客が暴れることはあっても、スタジアムを清掃する光景はまずない。他国のサポーターたちも日本人の気配りに驚いている。

応戦に使った青いビニール袋

   試合終了後、応援に使っていた青いビニール袋に周囲のゴミを拾い始める人たちがいて、みんながやりだしたらしい。ブラジルに留学中という男性サポーターは「これが試合につながって、気持ちよく次を迎えてもらいたかった」と話す。

   その場にいたブラジル人リポーターは「ブラジル人はみんな驚いていました。日本は立ち直ると思ったね」と話す。他国のサポーターもいたが、ゴミを拾い始めたのは日本人だけだった。すぐに各国メディアが反応した。

   「こんな日本人を愛さずにはいられない」(ブラジル)

   「彼らの文化と教育にブラボー」(アメリカ)

   「中国人には永遠に真似できないだろう」(中国)

   ヨーロッパのスポーツ専門局も「負けた側がゴミを捨てることはあっても拾うことはない」と驚いている。

試合には負けたが、応援では勝った

   現地にいるサッカー解説の松木安太郎は「きちんと片づけて帰ろうというのは、日本人ならではの気の使い方ではないかな」と話す。

   スタジオの岩上安身(ジャーナリスト)「負け方っていうのがあるなあと思いましたねえ」

   小松靖アナ「初戦は悔しい思いがありましたが、皆さんの行為に頭を下げたい気持ちです」

   負けても世界を驚かせた日本人サポーター、みんなは見事に勝ったのだ。

文   あっちゃん
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中