登校中の女子中学生危なかった!車連れ去り現場にたまたま対向車のクラクション

印刷

   連れ去られようとした中学生が、通りがかった車のクラクションで犯人が逃げ、危うく難を逃れた。きのう17日(2014年6月)午前7時すぎ、千葉県市原市の路上で、自転車で登校中の女子中学生が車で近づいた男に「何年生?」などと話しかけられ、自転車を下りた途端に後部座席に押し込まれ、テープで手足をしばられ、顔を殴られ、軽い傷を負った。

   そのとき対向車が通りかかり、狭い道で行く手をふさがれていたためクラクションを鳴らしながら接近して犯行を目撃、男はそのまま車で逃走した。中学生は走りだす直前に車から脱出した。警察は逮捕監禁致傷の容疑で行方を追っている。

50~60歳くらいの身長160~170センチ痩せ形。シルバーのワンボックスカー

   男は50~60歳くらい。身長160~170センチくらいの痩せ形で、白髪まじりの短髪に黒いサングラスだった。車はシルバーのワンボックスカーで習志野ナンバー。

土地勘ある男

   森圭介アナ「現場近くの住人によると、知っている人しか通らない道で、車が来るのはまれな場所だといいます。周辺の小学校、中学校は集団登下校を呼びかけています」

   キャスターのテリー伊藤「そんな道だったということは、犯人の男は現場周辺の土地をよく知っているということだよね」

   司会の加藤浩次「たまたま対向車が来てよかったです」

   ここまで風体や車種がわかっているのなら、逮捕は時間の問題だろう。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中