2020年 11月 30日 (月)

土用のウナギ今年は安い!稚魚豊漁で値下がり…でも、これが食べ納め!?

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   うれしいことに、今年(2014年)の土用丑の日はウナギがちょっと安く食べられそうである。東京都内のスーパーマーケットでは、ウナギの長焼きが1980円と去年の2300円と比べて1~2割安さだ。販売担当者も「例年と比べると安くなっているので、お客様も3割から4割アップしています」という。

   近藤泰郎アナ「なんで今年はうなぎが安いのか。これからもこの安さが続くのでしょうか」

ニッポンウナギ絶滅危惧魚類に指定!国際取り引き禁止

   ウナギが安くなっているのは、養殖用の稚魚シラスウナギが豊漁で去年の2倍の漁獲量になっているからだ。この4年ほど高騰が続き、「去年は約3倍の仕入れ価格で、お客さんへの提供は1.5倍から1.8倍の値段になり頭を痛めていました。今年は安くできます」とウナギ専門店の主人をホッとした表情だ。

   ただ、この安さは今年限りだという。農林水産担当の合瀬宏毅NHK解説委員は「国際資源保護団体のIUCN(国際自然保護連合)がニッポンウナギは将来絶滅の危機にあると『絶滅危惧IB類』指定しました。これによって供給量が激減します」と言う。

   ワシントン条約締結会議でウナギの国際取り引きの規制が決まると、輸入ウナギ(6割が中国産)がストップになる。国産の養殖ウナギの半数は輸入稚魚から育てているのでこれも入って来なくなって、供給量は現在の25%に激減する見通しだ。

   近藤アナ「シラスウナギの人工ふ化は成功していますが、コスト面などでまだ難しいんです。世界のウナギの75%を食べている日本としては、今年はありがたく食べられても、この先どう食べていくのかが問われていると思います」

   今年が食べ納め!?

(磯G)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中