「ギリシャ戦」天気はどうか?雨ならコートジボアール戦で経験済みの日本有利

印刷

   サッカーW杯の日本代表があす20日(2014年6月)にギリシャ戦を戦うブラジル・ナタールという街で異変が起きている。先週から大雨の被害が発生しているといい、13~15日の降雨量が330ミリで、これは6月の平均雨量の1.6倍にあたるという。スタジアムから6キロほどの場所では土砂崩れで道路が寸断された。

現地新聞の天気予報…雨だったり晴れだったりバラバラ

   もっとも、スタジアムを訪れた田中毅アナによると、あすの天気はある新聞の予報では雨、別の新聞では晴れとバラバラで、判断しづらいという。「晴れていても、試合のときに強烈なスコールのような雨が降る可能性もあります」という。

どっちがいいのか

   キャスターのテリー伊藤「もし雨が降ると、日本には有利なんですか?」

   サッカー解説者の北澤豪「日本は前回の試合がレシフェという場所で、今回の近くで似た気候だった。そこで雨を経験しているので、どちらかと言えば日本に有利なんじゃないか」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中