「真っ当な人の道」死神が説教のアイデア悪くない…超人気グループ大野智に言われれば若者も聞く耳
<死神くん 第8回>(テレビ朝日系)

印刷

   下膨れの可愛らしい童顔の大野智が「死神」だって。今回は金持ちの女・美恵(中越典子)と結婚して、1人息子・翔太は授かったが、克也(小市慢太郎)は自ら興した会社が左前で倒産し、翔太も無理してお受験させた私学で成績が悪く、万事に悲観した彼が一家心中を企てる。ガス心中寸前で死神くんが現われてくる話だ。
   美恵は克也が末期がんで3日の命と聞かされ、以前、OLを辞めた時に「またいつでも再就職してください」と言われていた会社を回るが、それはすべて実家の親が偉かったから。リタイヤした今は誰もが美恵に冷たく、初めて現実を知る。翔太は翔太で親に「友達もできないダメな子」と言われ続けていたことに傷つき、本物の「悪魔」に友達になってくれと頼む。つまり、悪魔や死神がウロチョロ。
   健気な翔太が自分で食べられなかったピーマンも食べられるようになり、悪魔はシッポを巻いて逃げ、死神は末期がんの克也に引導を渡しても、美恵と翔太の前からは去ってゆく。つまり、死神とはいえ、ほのぼのした優しい死神が、不完全で欲ばかりかいている人間どもにまともな人生を説教する寓話である。
   放送時間帯が深夜であることから見れば、拝金、刹那主義の若者たちの、夜にテレビを見ている連中に、あからさまではないが、しっかりと真っ当な人の道を教えてやる説教ドラマと言えなくはない。ジャニーズの超人気メンバー、キャプテン大野智なれば従順に聞くだろうとの読みか。(放送2014年6月13日23時25分~)

(黄蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中