2019年 11月 16日 (土)

都議会「セクハラ下品ヤジ」舛添知事ニヤニヤ…超党派の女性都議「注意」申し入れ

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   東京都議会の本会議で、質問中の女性議員に浴びせられた明らかにセクハラ下品ヤジが大問題になっている。ヤジった低劣議員いまだ名乗り出ておらず、これを伝えたツイッターには怒りの声があふれ、都議会への抗議は1000件を超えた。ヤジられたみんなの党Tokyoの塩村文夏都議(35)は、ヤジの主を特定のうえ地方自治法に基づく処分を求める意向だ。

初質問の塩村文夏都議に「結婚しろ」「子どもを産めないのか」

   塩村都議が子育てや不妊治療への都の支援策を正し、妊娠・出産女性を支える仕組みの必要に及んだところで、議場から「早く結婚した方がいいんじゃないか」とヤジが飛んだ。塩村都議は笑顔でやり過ごし質問を続けたが、ヤジは「結婚しろ」「子どもを産めないのか」などと執拗に続き、同調するような声、笑い声が起った。質問を受けていた舛添知事も笑っていた。塩村都議は最後は声を詰まらせるように質問を終えた。

セクハラ通り越してる

   塩村都議がこれをツイッターで訴えたところ、引用が2万5000件を超え、ネットには怒りの声があふれた。「都議会、レベルが低い」「企業内でこんなこと言ったら懲戒処分です」「トンデモないですね。許せません」

   塩村都議は「ミスヤングマガジン」準グランプリ、テレビドラマ出演、放送作家を経て、昨年(2013年)、初当選し独身だ。この日が都議会での初質問だった。超党派の女性議員がきのう19日に議長に「注意」を申し入れた。またみんなの党も発言者を特定するよう議会に申し入れた。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中