東京五輪・平昌冬季「日本向けオリンピック放送権料」660億円で合意!時差なく自国開催で大幅増額

印刷

   東京五輪を含むオリンピック4大会の日本向け放送権料が計1100億円と決まった。NHKと民放で組織する「ジャパン・コンソーシアム」は国際オリンピック委員会と、2018年の平昌(韓国)と20年の東京の2大会の放送権料を660億円、22年冬と24年夏(開催地未定)の2大会を440億円とすることで合意した。

   10年バンクーバー・12年ロンドンの325億円、14年ソチ・16年リオデジャネイロ360億円と比べると660億円はずいぶんと高いが、時差がなく、自国開催であることから大幅な増額となった。放送権料の中にはテレビやラジオのほか、インターネットや携帯電話などが含まれる。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中