英王室ハリー王子の恋人 映画デビュー!プリンセスかハリウッドスターか…究極の選択

印刷

   英国王室チャールズ皇太子の次男ハリー王子との付き合いが騒がれている貴族令嬢クレシダ・ボーナスさん(25)が、ハリウッド映画で女優デビューすることになった。プロデュースはスピルバーグ監督で、原作は「チューリップ・フィーバー」という17世紀のオランダの肖像画家と人妻モデルとの官能とアートが絡む歴史フィクションだという。

名家、美貌、大学でダンスと演劇…目を付けたスピルバーグ

   英国の社交界では家柄や美貌で知れていたクレシダだが、ノーブルで可憐な美貌、おまけに大学でダンスと演劇を学んだとくれば、ハリウッドが目をつけてもおかしくはない。一部では、映画出演のためハリー王子とは別れたという報道もある。「プリンセスかハリウッド女優か」という究極の選択は、そのものが映画のようだ。

   ネットの投稿欄などには「彼女は絶対王室向きじゃない」「芸術家気取りのセレブって感じ」「ハリー王子にはもっと良い人が見つかるわ」など、ユーザーらから小姑根性丸出しのコメントが目立つ。クレシダの未来がどう転ぶか――。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中