万病の元「噛み続け癖」日本人の4人に1人!頭痛、肩こり、腰痛これが原因だった

印刷

   正体不明の頭痛、肩こり、腰痛の大半は噛み続け癖が原因だという。「アカデミヨシズミ」コーナーで解明した。石原良純は「健康な人は上の歯と下の歯が接触するのは食事の時だけです。その時間は1日で約20分。ところが、日本人の4人に1人は噛み続け癖があり、これが体調不調の要因となることが多いそうです」という。

上下の歯が絶えず接触「歯列接触癖」

   これまでに1万人以上もの治療を行ってきた「虎ノ門ヒルズ トルナーレ歯科・矯正歯科龍醫院」の龍信之助理事長を石原が訪ねた。「良く噛むことは健康によいと子供の頃から教えられてきました。なぜ、?み続けは体に悪いのでしょう」

あなたもそうかも?

   龍理事長「食事以外の時は上下の歯の間に1~2ミリの隙間ができているのが正しい状態ですが、上下の歯が当たっている時間が極めて長いのを歯列接触癖と呼びます。噛み続け癖を持つ人は、口を閉じる筋肉が常にオンの状態にあり、口を閉じる筋肉のみが鍛えられてしまい、やがて疲弊してします」

   石原「この筋肉のアンバランス状態が筋膜を伝わって肩やこめかみの筋肉をも緊張させて、頭痛や肩こり、腰痛などの不調を招くことに繋がるそうです。また上下の歯が触れあうことが多いと、通常よりも多量の唾液を分泌され、それを飲み込む時により多くの空気も一緒に飲み込むので、お腹の張りが生じたり、ゲップやオナラの回数が増えるそうです」

原因は「笑う機会が少ない」「会話が少ない」「怒りっぽい」「神経質」「寝不足」

   噛み続け癖の原因はなんなのか。龍理事長は「ストレスを感じたり、何かに集中することが多いと体を緊張状態にする交感神経が活性化して、上下の歯が触れあう機会が多くなります」

   龍理事長によると、噛み続け癖傾向のある人は、笑う機会が少ない、普段の会話が少ない、怒りっぽい、神経質、寝不足気味の5つの特徴がある。改善法は「口を開けてキ・レ・イと発音し筋肉を鍛えるきれいとしゃべる。口を閉じる筋肉をほぐすほっぺたストレッチがあります。どちらも上下の歯が触れないよう意識しながら行うのがポイントです」

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中