テレビなんかなくても暮らすにゃ困らん!スペシャル番組でバレちゃった『テレビ離れ』
<Gメン99 近所で噂の物件にピンポン捜査2時間SP>(TBS系)

印刷

   「世の中で気になるヒト」の生活・人生を徹底調査する新感覚バラエティというふれこみで、この春スタートした。この日の放送は、以前に取り上げ評判がよかった節約大家族の追跡調査だった。
   ガスは止めていていっさい使わず。電気も夜寝る前にブレーカーを落とす。冷蔵庫は使用せず、ただの棚と化している。もちろんテレビはなく、子供たちがどうしても見たい番組がある時は、近所に住むおばあちゃんの家で見るという。
   水も長男が3キロ離れた水汲み場から運んできて、お風呂の湯は電熱器で10時間かけて沸かす(それが1番安上がりだとか)。入浴の際も湯が冷めないように、湯船に浸かったら風呂の蓋を閉め、さらし首のように首だけを出す。残り湯は洗濯に使い、さらに洗濯後の排水はトイレの水にする。
   6人家族、月7万円の生活はとにかく徹底していて、「夏のコストダウン術」と言われても、とてもわれわれが真似できるものではなく、凄いなあと感心するのみ。
   面白かったのは、取材スタッフが「テレビがないと友達と話が合わないんじゃない?」と子供たちに訊いたところ、「大丈夫。テレビがないの、みんな知っているから」とまったく平気だったという。テレビがなくてもなんら生活に支障がないことをテレビ番組でさらしてしまった。そりゃテレビ離れが進むはずだ。(2014年6月17日19時~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中