2018年 7月 20日 (金)

サッカーW杯「1分け2敗の最下位」に本田圭佑「口だけで終わって申し訳ない」

印刷

   「本当に残念です。もしかしたらと期待していましたが」と司会の羽鳥慎一は肩を落とすが、はっきり言って完敗だった。サッカーW杯日本代表がベスト16入りの最後の望みをかけたコロンビア戦は4対1で終わった。

   ザッケローニ監督「非常に残念。先制したかったが、相手はカウンターがうまかった。いい試合だったがラッキーではなかった」

   キャプテンの長谷部誠「自分たちの力不足。それ以上でもそれ以下でもない。応援してもらったサポーターやファンに申し訳ない。結果がすべてといわれる世界で結果が出せず、キャプテンとして責任を重く感じている」

   本田圭佑「本当に無念のひと言で非常に悔しい。優勝するとまで言っておきながら散々な結果になったのは自分たちが未熟だったから。最後まで希望を見せたかったが、口だけで終わって申し訳ない」

   別に、だれかに申し訳なく思うことではない。勝ち負けがある世界で負けただけのことだ。

まるで格も質も違ってた強豪コロンビア

   ブラジルにいるサッカー解説者の松木安太郎はこう試合を振り返った。「後半からコロンビアの司令塔といわれる選手が入り、これでチームがガラリと変わりました。これに日本は上手く対応ができませんでしたね。やはりコロンビアは試合巧者。勝負どころを監督も選手もわかっていました。コロンビア戦前半で日本は前へ前へと勝負を挑みましたが、このスタイルを予選第1戦から積極的に取り入れるべきでした」

前半はイケると…

   スタジオには元日本代表の堀井巧氏がいた。司会の羽鳥慎一が「日本とコロンビアの戦い方はどこが違うのでしょう」と聞く。「日本は走りながら戦う能力は高まっていますが、攻めるときは攻める、守る時は守るというフレキシブルな戦い方ではコロンビアの方が上でした。臨機応変な戦い方の能力をより高める必要があると思います」

   羽鳥「第1戦や2戦と比べ、けさの日本の戦い方は違っていたと思いますが」堀井「たしかに、これまでと比べると前を向いて戦っていました。しかし、前を向いて戦うという姿勢は代表だけでは身につきません。もっと若い世代から、それこそ小学生から身につくようにしないと日本のサッカーはレベルアップしません」

   まあ、とにかく今晩は早寝しよう。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中