都議会「性差別ヤジ」スケープゴート1匹で幕引き!都民に広がりそう自民党離れ

印刷

   東京都議会で女性議員に性差別ヤジがあびせられた問題では、自民党の鈴木章浩議員が「早く結婚したほうがいい」という発言を自分のものと認めて謝罪したが、他の議員からも「子供を産めないのか」などの発言があったとされる。

支持率どんどん低下

   しかし、きのう25日(2014年6月)の都議会最終日に、ほかのヤジ発言者に名乗り出るよう求める決議案は否決、鈴木の処分や発言者の特定はしないまま閉幕した。

   キャスターのテリー伊藤「(発言者の)特定はできたはずですよ。(自民党は)ほんとしっかりやらないとダメだったのにやらなかった。これダメージ大きいですよ。いまは気付いてないかもしれないが、ボディブローみたいにどんどん支持率下がると思いますよ」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中