2018年 8月 21日 (火)

都議会「性差別ヤジ」スケープゴート1匹で幕引き!都民に広がりそう自民党離れ

印刷

   東京都議会で女性議員に性差別ヤジがあびせられた問題では、自民党の鈴木章浩議員が「早く結婚したほうがいい」という発言を自分のものと認めて謝罪したが、他の議員からも「子供を産めないのか」などの発言があったとされる。

支持率どんどん低下

   しかし、きのう25日(2014年6月)の都議会最終日に、ほかのヤジ発言者に名乗り出るよう求める決議案は否決、鈴木の処分や発言者の特定はしないまま閉幕した。

   キャスターのテリー伊藤「(発言者の)特定はできたはずですよ。(自民党は)ほんとしっかりやらないとダメだったのにやらなかった。これダメージ大きいですよ。いまは気付いてないかもしれないが、ボディブローみたいにどんどん支持率下がると思いますよ」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中