2018年 7月 22日 (日)

市営住宅10階ベランダに連夜の「火の玉」投げ込み!丸めた下着やストッキング

印刷

   兵庫県西宮市の12階建て市営住宅で今月(2014年6月)22日から26日までの5日間に、10階のベランダに火のついた下着やタオルが投げ込まれるなど、放火とみられる不審火が相次ぎ、住民は「怖くて眠れない」日々が続いている。

   丸めたタオルに火をつけ10階のベランダにいったどうやれば投げ入れるのか。

別棟でもバイクシートなどに放火

   最初の不審火は22日午前0時ごろだった。6号棟の10階通路でタオルが燃え、エレベーターホールにあったバイクのシートも燃やされていた。23日には、11階エレベーターホールに置いてあったバイクのシートや隣接する8号棟でもバイクのシートが燃えていた。

何かの狙い

   24日には不審火はエスカレートし、6号棟の通路に置いてあった棚が燃やされ、壁や天井が焼け真っ黒になったほか、10階のベランダに飛び火した。これまでは外部から侵入できる通路などで起きていたが、6号棟10階端の部屋のベランダにも火のついたタオルが投げ込まれた。同じベランダに25日には火のついた下着、26日にも火の付いたストッキングが投げ込まれた。

   3件の火の玉がベランダに投げ込まれた部屋の住民は、「輪ゴムでボールのような形に丸めたストッキングなどでした」と話す。

地上から35メートル!どうやって投げ込んだ?

   どうやって投げ込んだのか。地上から10階ベランダまで35メートルほどあり、屋上からでも7メートルで、火のついたタオルや下着を投げ込むのは不可能だ。ベランダ越しに侵入し投げ込んだのか。

   警察では同一犯の可能性があるとみて調べているというが、司会の小倉智昭は「明らかに10階の何かを狙っている」、梅津弥英子アナも「トラブルがあって、10階がターゲット」と見る。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中