神戸市「イノシシ被害」昨年度の2倍以上!買い物袋狙って猪突―六甲山で大繁殖

印刷

   神戸市でイノシシ被害が増加してるそうだ。今月24日(2014年6月)、東灘区で女子中学生が襲われ右足を打撲し、取材中のカメラマンが両足を噛まれるなど、同じ日に3件の被害があった。神戸市のイノシシ被害は昨年度が27件で、今年度は3か月ですでに20件と2倍以上のペースで発生している。

高い学習能力「レジ袋の中に食べ物あるのを知っている」

   神戸市に大竹真レポーターが行っていた。探すまでもなく、街中の住宅街を歩いているとすぐ見つかった。「歩いてます、歩いてます。おとなの猪ですね。水のない川を上っていきます」

覚えちゃった

   神戸市のすぐ裏は六甲山系でイノシシはそこから降りてくるらしい。本来、警戒心が強く、人間を怖がって近寄ってこないとされるが、「市街地で繰り返しエサをもらうことがあり、次第に人に慣れて積極的に近づいてくることがある」と神戸市農政部の森本昌伸係長は話す。

   人間が手に持っている買い物袋、手提げ袋を狙ってくるケースが目立つという。「農研機構 近畿中国四国農業研究センター」の江口祐輔さんは「イノシシは犬と同程度の学習能力があり、いろんなことを覚えられます。いままで人間が袋からエサを取り出してエサをあげていたため、彼らは経験から袋にエサが入ってるんだろうと知っているんです」と説明する。

面白がって餌付けしたツケ

   キャスターのテリー伊藤「山にエサがないわけじゃないんですよね。餌付けしちゃったからなんでしょうね」

   司会の加藤浩次「ウリ坊の時にエサをもらって、覚えちゃったんでしょうね」

   大竹「ウリ坊のころに覚えたイノシシが、大きくなって出てきているということです。六甲山中ではタヌキやキツネなどの天敵が少なくなっているのか、大繁殖しているようです」

   六甲山を含めて、あたりは銃器による駆除は認められておらず、これといった対策はないという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中