都議会ヤジで民主党都議名乗り!「がんばれ」セクハラに動揺する塩村都議応援

印刷

   東京都議会でセクハラ野次が飛んでいた時、「がんばれ」と応援のヤジを飛ばしたという議員が名乗り出た。民主党の山下太郎都議で、塩村文夏都議(みんなの党)がやじで発言が詰まったとき言ったという。他の尻馬セクハラの主はいぜん隠れたままだ。

「産めないのか」の発言者は依然スットボケ

   山下都議は「がんばれ」「動揺しちゃったじゃないか」と発言していたがはげましたのだという。「一般質問はただでさえ緊張している。騒然とした中では大変なことで、かわいそうだと思ったんです」

アメリカだったら?

   では、なぜいまごろ名乗り出たのかと聞かれ、「一部で、応援とは逆の意味ともとれる報道があったため」「パフォーマンスと受け取られるのもいやだった」 と話す。

   山下都議の声は塩村都議にも聞こえていたようで、「『がんばれ』というのが聞こえて、応援してくれてるのだなと思いました」という。塩村都議はなお「もう少し調査を各会派なり議会でしていただきたいし、本当の再発防止につながってほしい」といっている。

   都議会は25日(2014年6月)に再発防止の決議案を自民党など多数で可決したが、やじの発言者の特定や処分を盛り込んだ案は否決された。塩村とぎはそのとき、所属会派に従って可決案に賛成しており、「複雑な気持ち」と語っていた。党は「名乗りでることが大切」としている。

   セクハラやじは鈴木章浩都議(自民)が「早く結婚した方がいいんじゃないの」といったと謝罪したが、ほかにも「産めないのか」など複数の発言があった。これらについてはだれも名乗り出ていない。

新聞記者も性差別ヤジに鈍感?社会面で取り上げたの毎日新聞だけ

   キャスターの齋藤孝が「アメリカではどうですか」とTBS外信部の津川卓史デスクに聞いた。元ワシントン特派員だ。「アメリカでこういうことを公の場で言ったらすぐクビですね。これが日本の一断面であるのは間違いないですよ。議会だけではない。心理的な部分で変わっていかない」

   井上貴博アナ「やじなんてあまり認識していなかったのですが、考えるきっかけにはなりましたね」

   そもそも第1報が社会面に載ったのは毎日新聞だけで、他紙は都内板だった。つまり、この種の発言に記者の方もすっかり慣れっこになっていたわけだ。「これは社会面だ」と判断した毎日新聞のデスクも、立派だといわれるようでは困る。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中