小保方晴子リーダー最後のチャンス!STAP検証実験に参加―再現できるか

印刷

   理化学研究所はSTAP細胞の存在を検証する実験に、小保方晴子ユニットリーダー(30)を参加させることを決めた。英科学誌ネイチャーへの論文共著者である若山照彦・山梨大教授も「存在の証拠はない」と否定している中で、小保方氏にとって最後のチャンスになる。

2人の監視役、監視カメラ付き

   理研はSTAP細胞を最終確認するため、理研特別顧問の相澤慎一・実験総括責任者と論文共著者の丹羽仁史・研究実施責任者の2人が小保方氏に直接、電話やメールで作り方を聞き実証実験に取り組んできたが、確認ができなかった。

ピンク部屋とムーミン

   残るは小保方氏に証明させるしかないと判断したのだろう。神戸の発生・再生科学総合研究センタ―で行われている実験は、透明性を確保するため、複数の監視カメラを設置し、前出の2人の責任者が監視役に当たり、実験ノートも2人が記述するという。

理研の狙いは「失敗させてやっぱりなかったを証明」

   小保方氏を実証実験に参加させる理研の意図について、コメンテーターの安田洋祐(大阪大経済学部準教授)は「推測ですが、理研側は小保方さんにSTAP細胞を作らせるというよりも、どうやってもできないということをはっきりさせたいという意図がある気がします」と話す。

   司会の小倉智昭は「小保方さんの日常の精神状態を維持させるなら、ピンクの部屋でムーミンの絵を描いておかないとSTAP細胞は生まれない」と皮肉った。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中