市井紗耶香、ダンスじゃなく「タンス」で骨折 「もう、、痛すぎて声が出ない」

印刷

   タレントの市井紗耶香(30)が7月1日(2014年)のブログで左足中指の骨折を報告している。

   昨夜、「息子寝てから、うす暗い寝室ですこーしだけ窓を開けようとした」ところ「洋服ダンスの角に足の中指強打」したという。

「もう、、痛すぎると声が出ない…しかも突然訪れる変な寒気、、、」

   夜中は「痛くて起きてしまったり徐々に膨らんで紫色に内出血していく中指をみてちょっとビビったり…」という状況だったといい、今日午前中の整形外科受診で中指の骨にひびが入っていることが分かったという。

   「妻、タンスの角で指にヒビ」という悲しいニュースに「ダサすぎるよね~って(夫と)2人で笑っちゃった。笑(^^;;)」と明かしている。

   ブログの中には包帯を巻かれた指の写真も掲載されており、見ているだけで痛みが伝わってくるようだ。

   「でもね、、歩くの結構痛いんだよー!!地味に痛い!足の指って体重支えてるのね、、痛感。。。」「しばらくはヒールのある靴は難しいかな。。」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中