世界中が大笑い号泣県議「最新ゴジラ映画?」「今世紀最大のピエロ」

印刷

   兵庫県の野々村竜太郎県議(47)の大泣き会見がインターネットで世界中を駆け廻っている。フランスでは「AFP通信」が「日本人政治家が泣く映像がインターネットで大うけ」の見出しで配信した。イギリス「ガーディアン」紙は「泣いている支離滅裂な日本人政治家」、オーストラリアの「ザ・オースラリアン」紙も「泣く政治家のビデオは広がるが、同情はなし」と茶化された。

   インターネット上では世界中からコメントが書き込まれている。「最新ゴジラ映画のワンシーンじゃないの」「彼は今世紀最大のピエロ」。中国からは自国の金まみれの政治家と比べ「この程度の金額でここまで泣くか」と皮肉な投稿もある。

兵庫県議会「不明朗出張費」追及せず…みんなやってるから?

   皮肉や笑いで済まされない一番の問題は、野々村の不明瞭な政務活動資金の使途だ。2013年度に日帰り出張した195回をカレンダーに書き込んでみると、その過密さに驚いた。昨年4月12日から27日まで城崎温泉(14日)と常任委員会(16日)を除いて、2週間ぶっ続けで博多と東京を日帰り出張を繰り返していたことになっている。昨年12月の第4週目には、クリスマスを入れて交互に兵庫県佐用町と城崎温泉の繰り返し出張が6日間続いている。

真面目な議員は気の毒

   誰が見てもカラ出張としか判断できない。梶谷忠修県会議長が当人に返却の意向を質したところ、野々村は「私は正しいことをやっています。間違っていません」という答えが返ってきたという。しかし、誰もが同様のことをやっているのか、県議会は追及する様子がない。

   ショーン川上(経営コンサルタント)「実物の政務活動費の申請書を見ましたが、とてもシンプルでチェック機能もないんですよ。普通の企業でも相当問題になるし、上場企業ならえらいことになる。もうちょっと何とかならないのかなあ」

   司会の小倉智昭「真面目に取り組んでいる議員は気の毒だよね」

   このカラ出張疑惑は、野々村が初当選した11年から続いているという。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中