2018年 9月 20日 (木)

ネイマール欠いたブラジル、堅守ドイツ突き崩せるか!サッカーW杯いよいよ準決勝

印刷

   サッカーW杯ブラジル大会は4強が出そろった。優勝候補筆頭のブラジルは勝ち上がったが、エースのネイマールが負傷して退場。背骨の骨折で今大会は欠場という大ニュースになった。結果に影響するのかどうか。これは大変だ。

図に当たったオランダの秘策「PK専門ゴールキーパー」

   オランダ・コスタリカ戦は予想通りオランダの猛攻をコスタリカが守る展開になった。延長戦でも決着がつかずPK戦となったが、オランダのファン・ハール監督は延長戦の終了間際にGKを身長193センチのクルル(26)に代えた。PK戦対策だ。これがずばり当たって、クルルはコスタリカの2人目と5人目を止めてした。

イエローカード!

   3度目の優勝を狙うアルゼンチンはベルギーと対戦。メッシのドリブルとパスがやはり試合を決めた。アルゼンチンの猛攻をベルギーもよく守ったが、前半にこぼれ浮き玉を決めたイグアインの1発が決勝点になった。

   ブラジル・コロンビアは「事実上の決勝戦」ともいえる好試合だった。ブラジルは前半1点を先取、後半フリーキックで2点目。コロンビアのエース、ロドリゲスに仕事をさせなかった。そのロドリゲスが決めたPKが今大会6点目でトップとなった。スコアは2-1。

背中に膝蹴り!明らかにファールでしょう

   ネイマールの負傷は明らかにファールだ。コロンビアのDFスニガがネイマールの背中にヒザからぶつかった。ネイマールは倒れ起き上がれない。ボールを胸でトラップしていたネイマールの背後からヒザでぶつかっているが、審判は笛を吹かなかった。

   キャスターの齋藤孝「イエローが出てもおかしくなかった」

   試合後、コロンビアの選手をブラジルの選手が慰める南米らしい光景がみられたが、ネイマール骨折というニュースが流れても、コロンビア選手を非難する様子はない。これでもしブラジルが負けでもしたら違ってくるのだろうか。

   準々決勝のもう一試合は、欧州のライバル、ドイツ・フランス戦。前半の1点をドイツが守り切って連続4強の記録をのばした。フランスはベンゼマを中心に攻めたが、穴はあけられなかった。8強はさすがにすごい。ほんの一瞬のスキを生かすか殺すかで勝負が決まる。

   準決勝はブラジル・ドイツが9日(2014年7月)5時、オランダ・アルゼンチンが10日5時から。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中