池袋の繁華街ど真ん中「妻射殺」この中国人夫婦は何者?拳銃どこから入手?

印刷

   きのう6日(2014年7月)午後10時40分、東京都豊島区池袋の繁華街で発砲事件があり、女性が撃たれ搬送先で死亡が確認された。所太郎リポーターによると、「発砲現場は池袋駅から約300メートル離れた繁華街にあるホテルのラウンジで起きました。このラウンジはオープンテラスの席もあり、その席に座っていた男が突然バックから回転式ピストルを取り出し、一緒にいた女性を売ったそうです」

口げんかからいきなり発砲

   目撃した女性は「甲高い発砲音が数回聞こえました。音がした方を見ると、男性がお店のスタッフに取り押さえられていて、『ゴメンナサイ』と暴れながら叫んでいました」と話す。男は中国籍の職業不詳・曹剣平容疑者(54)で、「撃たれた女性は曹容疑者の妻であったと警察は見ています」(所)

   使われた拳銃は回転式で、最近は日本ではなかなか手に入らないタイプだという。

   コメンテーターの青木理(ジャーナリスト)「これまで、繁華街の発砲事件は暴力団同士の抗争が大半ですが、曹容疑者とその妻と思われる女性がどういう経緯で日本に入国したのか。また、どういうルートを使って回転式拳銃を手に入れたのか。警察のこれからの捜査を注目する必要があるでしょう」

文   ナオジン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中