<渇き。>
狂う役所広司。はじめて知った娘の本性!住宅CMとまったく違う荒んだ表情―過激シーンに賛否

印刷
(C)2014 「渇き。」製作委員会
(C)2014 「渇き。」製作委員会

   第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生の小説「果てしなき渇き」の映画化だ。「嫌われ松子の一生」「告白」の中島哲也が監督を務め、役所広司、小松奈々、二階堂ふみ、橋本愛、妻夫木聡らが狂った演技を披露し、グロテスクな殺人、暴力描写、中高生の売春、ドラッグなどの過激描写に賛否両論の問題作だ。

優等生とばかり思っていたのに…

   妻の浮気相手への暴行をきっかけに、家庭や職場から追いやられ荒んだ生活をしている元刑事の藤島(役所広司)は、別れた妻・桐子(黒沢あすか)から娘の加奈子(小松奈々)が失踪したことを聞き、行方を探す。その過程で浮かび上がってくる加奈子の輪郭は、藤島が思っていた優等生の娘とはかけ離れていた。彼女の本当の姿を知り藤島は混乱し、やがて狂っていく。そして、事件はギャングや警察を巻き込んで大騒動に発展する。奈々子はどこにいるのか、彼女はいったい何者なのか。

   暗いミステリー小説を中島監督はこれでもかというくらいポップに描ききった。とくに印象的だったのは、酒とドラッグの地下世界を描いたパーティーシーンだ。原作では廃墟ホテルの駐車場でヒップホップが流れるような、いかにもギャングの集まりといった雰囲気だが、映画ではクラブに変更され、色彩豊かに描いている。音楽はヒップホップではなく、アイドルグループ「でんぱ組.inc」だ。アイドル音楽を使うことで、描かれている狂気がより日常に近い世界のものであると強調され、ゾッとさせられる。

ミステリー期待は肩透かし―オープニングでネタばれがっかり

   原作にとらわれることなく奔放に描き切った姿勢に好感を受けるが、物語の肝である加奈子の「本当の姿」に驚きがまったくなかった。この映画で大事なのは、藤島が加奈子を探していくうちに見えてくる、父親でさえ知らなかった彼女の姿の意外性のはず。原作はその「本当の姿」を求めて加速していく。しかし、映画はパーティーではしゃいでいる加奈子の姿をオープニングで入れるなど、その点にまったく訴求力がない。

   他にも、加奈子の真の狙い、黒幕の正体などは明らかに描写不足である。ミステリー映画として見てしまうと肩すかしを食らうので、おススメしない。だが、暴力・殺人描写は良い意味で「問題作」と呼べるくらい過激である。それでいて、R-18ではなく15にとどめたのは評価できるし、何よりも住宅物件のCMに出演している役所広司主演でこの企画が通ったのは素晴らしい。

(野崎芳史)

おススメ度☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中