NHK大河「官兵衛」前半ヤマ場迎え視聴率盛り返せ!「本能寺の変」「中国大返し」

印刷

   NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」が前半の見せ場を迎える。今週13日(2014年7月)の第28話は「本能寺の変」、20日の第29話は信長暗殺を隠して毛利側に和議を持ち掛ける大芝居、27日の第30話は光秀を打つべく備中から秀吉の大軍が京都に取って返す「中国大返し」だ。そのすべてのシナリオを描いたのが黒田官兵衛といわれている。ドラマとしても最大のスペクタクルである。

   「官兵衛」は初回の視聴率から18・9%と大河ドラマとしては低調で、その後もズルズルと下がり続け、一時は12・3%まで下がり、ひとケタ台まで落ち込んだ「平清盛」の二の舞かと心配された。6月以降は盛り返し、これまでで3番目に高い視聴率も記録した。「本能寺の変」「中国大返し」で後半に向けて弾みを付けたいところだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中