2019年 1月 22日 (火)

キングコング西野「女性のオッパイと『アバター』は同じ。初めて見たとき衝撃受けた」

印刷

   お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(34)が7月8日(2014年)、「女性の乳房」についての持論をツイッターで展開した。

   「女性のオッパイを初めて見たときの衝撃と興奮は映画『アバター』を初めて観た時と同等」といい、「女性は一人一人『アバター』の可能性を秘めている。大小関係なく、オッパイがアバターなのだ」と話す。また「オッパイを『海』とも呼んでいる」ことも明かした。

   やや抽象的な議論だったためか、ユーザーから「つまりおっぱいは3Dに限ると言うことですね」「それは3Dでアバターを観たときですか?2Dでもですか?」などの質問が寄せられている。

   西野はツイートの最後に「私は暑さにやられている」と記した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中