ブラジル7失点の大敗!先制されボロボロ…サッカーW杯ドイツ決勝進出

印刷

   「あさチャン!」が速報を伝えたのは午前7時19分。内容は衝撃だった。サッカーW杯ブラジル大会の準決勝で、本命の地元ブラジルがドイツに敗れた。それも7―1という歴史に残るに違いない大敗だ。スタジオは唖然、「まさかの展開ですね」というだれかの声が間抜けて聞こえた。

泣き出すサポーター!ほとんどワンサイドゲーム

   日本時間の9日(2014年7月)午前5時から始まった試合は、予想通りというか、ブラジルが圧倒的にボールを支配して押し気味だったが、開始から11分、コーナーキックをドイツのFWミュラーが決めて先制してから、ブラジルのディフェンスがすっかりおかしくなった。23分にはFWクローゼ、24分にはMFクロース、26分にもクロース、29分にはMFケディラと6分間に4失点。泣き出すサポーターの姿が大写しになった。

それにしても7点

   5―0で折り返したブラジルは、後半開始とともに怒濤の攻めを繰り返したが、シュートをことごとくドイツのGKノイアーにはじき返される。逆に24分と34分にFWシュールレに加点されて万事休す。ブラジルは時間切れ間際の45分にMFオスカルが1点を返したものの、そのままタイムアップとなった。

   ドイツは後半、主力を交代させる余裕の試合運びで、ミュラーは今大会5得点目。36歳のクローゼはW杯得点ランキングで単独トップの16点という記録までついてきた。

ネイマール、チアゴ・シウバの欠場痛かった!

   それにしても、いかにエース、ネイマールが脊髄骨折で離脱し、ディフェンスの要であるDFチアゴ・シウバが累積警告で出場停止といっても、ブラジルは 選手層が厚い。両チームにそれほどの力の差はなかったはずだ。何が起ったのか。武田修宏が解説した。

「ドイツの試合運びのうまさでしょうね。セットプレーから1点を取って、ブラジルの攻めを冷静に緻密に機械のようにさばいた」

   司会の夏目三久「それにしても7点ですよ」

   武田「ボクも想像もつかなかったですね。ブラジルの選手は先制点を取られたことで、冷静さを失ってしまった。ドイツは相手のミスを見逃さず、チャンスをすべて決めたシュートのうまさがありました」

   夏目「ブラジルに何があったんですか」

   武田「先制点で焦った。逆に先制していればしっくりいったのが、先制点は大きかったですね」

   キャスターの齋藤孝「DFのチアゴ・シウバがいなかった影響は?」

   武田「大きかったですね。ディフェンスの要でしたから」

   シウバの2枚目のイエローはキーパーにからむ軽卒なプレーだった。ネイマールにヒザ蹴りを食らわしたコロンビア選手も、あらためて非難されるのだろうか。たしかに、W杯は何が起るかわからない。「自国では勝てない」というジンクスも破れなかった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中