2018年 12月 15日 (土)

ブラジル大敗さもありなん!ネイマール頼みの弱点研究し尽くしてたドイツ近代サッカー

印刷
「どういうことですか、これ」

   キャスターのテリー伊藤が素っ頓狂な声を上げた。サッカーのワールドカップ・ブラジル大会でけさ(2014年7月9日)、地元ブラジルがドイツと準決勝を戦い、今大会の優勝候補筆頭の呼び声が高かったにもかかわらず、1―7という歴史的な大敗を喫した。

突出した選手いないが変幻自在の頭脳プレー

   サッカー解説者の北澤豪はブラジル大敗の理由として、先制点を取られたこと、主力の欠場、研究されていたという3点を挙げた。この試合では、キャプテンで守りの中心であるチアゴ・シルバと、攻撃の中心のネイマールが欠場していた。

どういうことか!?

   北澤「これまでネイマールに依存しすぎてましたよね。ドイツのほうは突出したスターはいないが、いい選手がそろっています。ドイツはパス回しをベースに、相手に合わせて変幻自在の攻撃をしていました。ただ自分たちが(こう)やりたいだけではなく、ブラジルの弱点をしっかり研究して入った。鋭い近代サッカーで挑んだ結果だと思います」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中