朝4時起きで草サッカーかい!?「ブラジル大敗」ネイマール欠場より大きかった『頭脳の差』
<W杯ブラジル大会準決勝 ブラジル×ドイツ>(NHK Eテレ)

印刷

   「何の因果で4時起きか」とブツブツ言いながら早朝に起床して、今期の優勝候補同士の準決勝を見たら…なんと、これがとんでもない草野球(?)ならぬ草サッカー(!)だった。7対1でドイツの勝ち。こんなのありか、というくらい一方的な得点比である。筆者は昔からフランス贔屓(ジダンが頭突きをやった頃から)なので、ドイツにやられてがっかりで、ブラジルを応援していた。
   もちろん、怪我でネイマールを欠き、キャプテンも出場停止ならば戦力がガタガタなのはわかっていたが、何とかするだろうと思った。だが、何ともならなかった。前半で怒涛のようにドイツに攻め込まれた時にもう駄目だと感じた。ディフェンダーが機能していない上に、長身のゲルマン民族・ドイツのミドルシュートの見事なこと。主力のいないブラジル選手はいくらフィジカルに強くても、自分の頭で考えられていないように見えた。頭脳の差か。まさか。
   Eテレがサッカーの試合を放送するという珍しい中継で、これはもしかして台風情報の影響なのか、と思ってテレビ情報誌のステラをみると、やっぱり、予定では011の総合テレビで放送と予告が出ていた。巨大台風はW杯までブッ飛ばしたのである。
   翌日また4時半起きでアルゼンチンとオランダの死闘を見た。トップにメッシがPKを入れた!これでドイツにリベンジだあ。それにしても、決勝チームと日本代表選手の差は大人と子供ほども違う。(放送2014年7月9日4時30分~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中