2021年 8月 1日 (日)

高齢ドライバー事故 2倍に増加!運転能力低下と過信「自分は事故起こさない」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   交通事故の総件数はここ9年間連続で減少し続けるなかで、高齢ドライバーが引き起こした事故は増え続け、最近15年間で約2倍に増加した。男性の9割、女性の7割が免許を持つ「団塊の世代」が高齢化し、高齢ドライバーは年間100万人規模で増えている。

   近田雄一キャスター「かつて高齢ドライバーは運転技術の高いひと握りの人たちだったのですが、必ずしも運転がうまくない高齢者が運転する時代へ入ってきました」

事故の6割が交差点!信号、対向車、歩行者など複雑情報の処理遅れ

   そんな高齢者の事故の6割は交差点で起きているという。高齢者の交通問題にくわしい立正大の所正文教授は、高齢者の身体、心理特性が事故の要因となっていると言う。運転中の「視野」の衰えで見逃しが増えるうえ、「反応動作」にも問題がある。単純な作業については若い人と比べても大きな衰えは見られないが、複数の作業を同時に処理する場面では藩王が遅くなったり、間違ったりするというのだ。交差点には信号、対向車、歩行者など、瞬時に処理すべき情報が多く、高齢者はそこで判断の遅れやエラーが生じやすい。

   ドライブシミュレーターを使って高齢者の運転特性を研究した名城大・中野倫明教授は「高齢者はどのタイミングでどう行動すべきかということが、すべて遅れます。見逃したり、遅れたりするんです。それが事故につながっていくのかなと見てます」と言う。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中