2018年 7月 18日 (水)

早くも南海上に「台風9号」!発生ペース早く今年は当たり年?

印刷

   台風8号は拍子抜けするほど衰えて関東を抜けていったが、気象予報士の天達武史によると、11日(2014年7月)、早くも南海上に台風のタマゴが生まれた。すでに渦巻き状になっており、12日午前までには台風9号になる可能性があるという。

ここ数日は「置きみやげ猛暑」熱中症にご注意!

   台風8号が急速におとろえた原因について、天達は大雨を降らせながら紀伊半島に上陸し、さらに千葉県に再上陸したことで海からのエネルギーの補給を絶たれて雨雲が尽きてしまったのだという。

多いね

   司会の小倉智昭「今年は台風の当たり年なんてことになるかもね」

   天達「もう9号ですから、ペースは速いです」

   8号は熱帯の熱い空気を置き土産にしていった。ここ数日は、東日本から西日本にかけて30度を超える暑さが続くので、今度はこまめに水分補給するなど熱中症対策に注意が必要だ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中