遠野なぎこ「離婚後の方が、彼の事を心から信じる事が出来ている。愛おしさが増している」

印刷

   バー経営者の男性と再婚後、55日で離婚を発表した女優の遠野なぎこ(34)が7月13日(2014年)のブログで現在の心境をつづっている。

   「離婚発表からのこの10日間は、目に見えない言葉の暴力に心が擦り傷だらけになる日々でした」という。誹謗中傷や悪意ある憶測に「正直しんどい、、、疲れちゃったよ」「猜疑心だらけになっている自分がすっごくイヤ…」と明かした。

「いくら心を尽くして真実をお話しているつもりでも、それを受け取る方達の"理解枠"に収まらなければ、簡単に悪意ある言葉に変換されてしまう」

   離婚した相手との関係は至って良好だという。「自信の無さから彼を縛る気持ちや、無駄な不安感や、刹那的な恋愛観は綺麗さっぱり消えて失くなってしまった」「"夫婦"から"恋人"に戻った今の方が相手を思い遣る心がお互いに強くなって、よっぽど『家族』に近づけてきているような気がするんだ」「離婚後の方が、彼の事を心から信じる事が出来ている。愛おしさが増している」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中