2018年 7月 18日 (水)

「カンパしてくれたら私の女性器3Dデータ送ります」自称芸術家わいせつ容疑で逮捕

印刷

   警視庁はきのう14日(2014年7月)、自称芸術家の42歳女性をわいせつ電磁的記録頒布罪容疑で逮捕した。容疑者はネット上で、活動資金の提供を呼びかけ、寄付をした会社員の男性ら32人に自分の女性器の3Dデータを送った疑いだ。資金は女性器をかたどったボート作成に使ったという。

ファイルを3Dプリンターで再現

   データは数字やアルファベットなどからなるファイルだが、3Dプリンターを使用すると女性器が再現されるという。3Dプリンター用のファイル頒布がわいせつ電磁的記録頒布罪容疑で摘発されたのは「おそらく日本で初」(菊地幸夫弁護士)

犯罪になるかなあ

   ロバート・キャンベル東大教授「ほかの人が機械を使って加工して作らないとわいせつ物にならないのでは、犯罪として認めるのはむずかしいのではないでしょうかね。規制はデータを入手して作る人を対象にすべきですよ。この人(容疑者)の思いは、いわゆるオトナの玩具などをつくろうとしたワケではないようだから」

   データを入手して女性器を再現したとしても、自分が面白がるだけだったら、これも犯罪にはなりにくいだろう。拳銃製造に3Dプリンターが悪用されたことから、とにかくデータから取り締まらなけりゃという警察当局の姿勢が見える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中